期間に気をつける

都会の街並み

大阪といえば、B級グルメというのが一般的に知れ渡っているだろう。
全国にもB級グルメはあるが、これほど名の通っているものをもっている地域は見当たらない。
まず、たこ焼きである。
たこ焼きとは、日本を代表する粉物料理の一つである。
小麦粉の生地の中にタコを入れて、直径3センチから5センチの球形に焼き上げた食べ物である。
大阪が発祥の地とされている。
明石焼、ちょぼ焼き、ラジオ焼きをルーツにしていると云われている。
全国では、間食やおやつとして食べられるが、大阪ではごはんのおかずとして食べられることもある。
作り方は、水またはだし汁でといた小麦粉を、半球状のくぼみがいくつもある鉄板に流し込んむ。
そしてタコを入れ焼き上げ球状に焼き上げるとうシンプルなものであるが、これが全国で食べられている。

その他には、お好み焼きがある。
お好み焼きとは、これまたたこ焼きと同様に粉物料理である。
作り方としては、水に溶いた小麦粉を生地として、野菜、肉、魚を具材とし、鉄板の上で焼き上げ、ソース、マヨネーズ、青のりなどの調味料をつけて食すものであるが、焼き方は地域により異なる。
大きくわけて大阪風と広島風に分けられる。
大阪のお好み焼きは、小麦粉の生地の中に、キャベツや豚肉などを混ぜ込み焼き上げる。
長芋をいれるとこをも数多く存在する。
そしてそれらにソース等の調味料をかけて食べる。
広島風は、混ぜ込んだりせずに、小麦粉の生地を鉄板にうすくのばし、その上にキャベツや豚肉などを置き、またその上から生地をかけて焼き上げるという作り方をする。
どちらが好きかは好みであるが、地元のお好み焼きが一番おいしいとするのが、一般的である。