ブランドに固執しない

住みやすい町

大阪は関西地域の中心都市だけあって多くの商業施設があります。
近年は新しい商業施設が多く建設されるようになり、新しい町並みを作り出しています。
そんな中でも今、大阪を代表するのが大阪駅にできた巨大商業施設です。
他府県から鉄道利用でやってくると真っ先に目につく建物で非常に大きく、目立っています。
中には高級ブランド店などの商業施設が多く入っています。
今やこの街の象徴的な建物になろうとしています。
このほかには南部エリアにもこの街を象徴する町並みがあります。
狭い地域に多くの商店街が並んでいて、小売店がひしめいています。
飲食店や雑貨ショップ、また衣類を取り扱うまで多くあり。
府民の台所にもなっているところです。

難波は大阪の中心部で多くのお店があるエリアです。
私鉄や地下鉄の駅があり多くの人が行き来をする場所になっています。
名物料理を食べることができるお店も多くあるので観光客も多いです。
この地域の良いところは安価な価格でいろいろなものを購入することができると言うことです。
電気部品を専門に取り扱っている問屋街や食材を専門に取り扱っている問屋街など専門ショップが多く並び、大量に専門的なものを必要で探したい場合にはここにくると購入することができます。
大阪の名物料理で雑誌に取り上げられているようなお店も数多く並んでいるので食べ歩きをすることも可能です。
下町のようなところなので大阪の雰囲気を一番味わうことができるところです。